« ライコネン、マクラーレン体制確定で行き場なし | トップページ | G.ベルガー氏、「セナにとって来季は正念場」 »

2009/11/19

ダイムラー社の決断に労組から批判の声も

Erich Klemm (C)Daimler Chrysler Media
日本のホンダやトヨタ、そして同じドイツでもBMWらがF1撤退を決める中、逆にブラウンGP買収という積極的な手に出たメルセデス・モータースポーツの母体であるダイムラー社の決断に対し、メルセデスの労組からは批判の声が挙がっている。

これは、ダイムラー社の世界従業員委員会のエーリッヒ・クレム会長が主張しているもので、「世界の自動車メーカーが置かれた困難な状況を考えれば、今回のマクラーレン・チームとの関係解消は、F1から撤退するいいチャンスだった。
それなのになぜダイムラー社のトップがF1活動のさらなる拡大を決めたのか、まったく理解できない。
いまは会社のリソースを市販車(乗用車)にこそ集中すべき時なのに」と、独『DPA』通信に指摘している。

|

« ライコネン、マクラーレン体制確定で行き場なし | トップページ | G.ベルガー氏、「セナにとって来季は正念場」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46801062

この記事へのトラックバック一覧です: ダイムラー社の決断に労組から批判の声も:

« ライコネン、マクラーレン体制確定で行き場なし | トップページ | G.ベルガー氏、「セナにとって来季は正念場」 »