« F1タイヤ、ブリヂストンの後継はクムホ? | トップページ | S.ベッテル(レッドブル)に『最多最速ラップ賞』 »

2009/11/05

デイモン・ヒル氏、イギリスGP存続に向け奔走

D.Hill & J.Stewart (C)Williams F1
拡大します
当初ドニントンパーク・サーキットでの開催が発表されていた2010年のイギリスGPだが、その計画が挫折した今もなおその後の展開は明確でない。

代替開催を目指すこれまでの開催地シルバーストーン・サーキットでは、サーキットを所有するBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)のデイモン・ヒル代表がバーニー・エクレストン氏らとの交渉に奔走しているとされるが、現段階でまだ道は拓けていないようだ。

最終戦・アブダビGPの現地にも足を運んだというこの元F1チャンピオンは、「ヤス・マリーナにはリチャード(フィリップス:シルバーストーン/マネージング・ディレクター)と一緒に行った。
残念ながらまだ機は熟していないようで、われわれが期待したような進展を果たすことはできなかった。
しかしこれからも開催に向けて全力で頑張るつもりだよ」と、語っている。

1950年からスタートしたイギリスGPは、イタリアGPと並びこれまで開催が途絶えたことのない伝統のグランプリだ。

|

« F1タイヤ、ブリヂストンの後継はクムホ? | トップページ | S.ベッテル(レッドブル)に『最多最速ラップ賞』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46678137

この記事へのトラックバック一覧です: デイモン・ヒル氏、イギリスGP存続に向け奔走:

« F1タイヤ、ブリヂストンの後継はクムホ? | トップページ | S.ベッテル(レッドブル)に『最多最速ラップ賞』 »