« ダイムラー社の決断に労組から批判の声も | トップページ | 『喧嘩別れ』だった、バトンとブラウンGP »

2009/11/19

G.ベルガー氏、「セナにとって来季は正念場」

Ayrton Senna & Gerhard Bergar (C)Ex.Honda Racing
拡大します
かつてマクラーレン・ホンダの黄金時代、故アイルトン・セナとラインナップを組んだゲルハルト・ベルガー氏(50歳:オーストリア)が、甥っ子であるブルーノ・セナ(26歳:ブラジル)のF1デビューについて次のように語っている。

「僕は長い間彼を見てきているけれど、好調な時期とそうでない時期とが繰り返されているような気がする。
しかし来年はいよいよ念願のF1にデビューする訳だから、彼にとってはまさに正念場ということになるだろう。
とはいえF1初シーズンの新人にとって、チームもまた初参入の新チームであるというのは決して理想的なものではない。
いま予想するのは難しいことだが、彼にはセナという名前の重荷に負けることなく頑張って欲しいと願っているよ」と、地元オーストリアの『セアブス・テレビ』に語っている。

ブルーノ・セナは来季カンポス・メタF1からの参戦が決まっている。

|

« ダイムラー社の決断に労組から批判の声も | トップページ | 『喧嘩別れ』だった、バトンとブラウンGP »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46801364

この記事へのトラックバック一覧です: G.ベルガー氏、「セナにとって来季は正念場」:

« ダイムラー社の決断に労組から批判の声も | トップページ | 『喧嘩別れ』だった、バトンとブラウンGP »