« TDPレポート ”F1最終戦アブダビGPで小林可夢偉が6位入賞、初ポイント獲得!” | トップページ | ウィリアムズ、来季はバリチェッロ&ヒュルケンバーグ »

2009/11/02

F1開催を見ることなく、ドニントンのオーナー死去

2010年、F1伝統のイギリスGPはドニントンパークで行われることになっているが、その実現を見ずに同サーキットのオーナーであるトム・ウィートクロフト氏が死去したことがわかった。
享年87。

ドニントンパークのストレートには、1971年に同サーキットを手に入れたウィートクロフト氏を讃え同氏の名前がつけられているが、高齢となった最近は現場から退いていたということだ。

Alain Prost (C)Williams F1
拡大します
ドニントンパークでは1993年に一度だけヨーロッパGPとしてF1グランプリを開催。
ポールポジションはアラン・プロスト(ウィリアムズ・ルノー)が、また決勝では故アイルトン・セナ(マクラーレン・フォード)が勝利を記録している。
なおこの年、プロストは自身通算4度目の世界チャンピオンを獲得している。

|

« TDPレポート ”F1最終戦アブダビGPで小林可夢偉が6位入賞、初ポイント獲得!” | トップページ | ウィリアムズ、来季はバリチェッロ&ヒュルケンバーグ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46652477

この記事へのトラックバック一覧です: F1開催を見ることなく、ドニントンのオーナー死去:

« TDPレポート ”F1最終戦アブダビGPで小林可夢偉が6位入賞、初ポイント獲得!” | トップページ | ウィリアムズ、来季はバリチェッロ&ヒュルケンバーグ »