« ウィリアムズ・チーム、現ドライバーについて「契約厳守」 | トップページ | 小林可夢偉(トヨタ)、望みはロータスF1レーシング »

2009/11/07

トヨタ・ファクトリー、継続雇用はわずか150人?

トヨタ自動車は、F1チームの撤退発表に伴い、ケルンにあるファクトリーをヨーロッパにおけるモータースポーツ拠点への転換を示唆したが、従業員のほとんどが解雇を余儀なくされる見通しという。

これは同チームのファクトリーがあるドイツ『アウトモーター・ウント・スポルト』誌が報じたもので、現在トヨタのF1プログラムに携わっているのはエンジン、シャシー両部門を併せて総勢700人とされるものの、継続雇用されるのはわずか150人程度に留まるとのことで550人ものスタッフが離職となる。

Toyota TS010 (C)Toyota Motorsports
拡大します
一部にトヨタはより市販車に近いスポーツカーレースに転向、再びルマン24時間レースへ挑戦することが伝えられるが、1990年代にルマン参戦していた時には逆にF1転向のためとして挑戦を打ち切った経緯がある。
(F1と同じく最高位は2位)

|

« ウィリアムズ・チーム、現ドライバーについて「契約厳守」 | トップページ | 小林可夢偉(トヨタ)、望みはロータスF1レーシング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46694250

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・ファクトリー、継続雇用はわずか150人?:

« ウィリアムズ・チーム、現ドライバーについて「契約厳守」 | トップページ | 小林可夢偉(トヨタ)、望みはロータスF1レーシング »