« ブリヂストン ブラジルGP決勝レースの模様 | トップページ | 英ブラウン首相もバトンのタイトル獲得に祝意 »

2009/10/19

中嶋一貴(ウィリアムズ)、「リタイヤは残念」

ブラジルGPではオープニングラップで順位を上げ、終始ポイント圏内を走って期待を持たせたウィリアムズ・チームの中嶋一貴だったが、ピットアウト直後の小林可夢偉(トヨタ)をオーバーテイクしようとした際にマシンが接触、惜しくもクラッシュ・リタイヤとなった。
中嶋 一貴 (C)Williams F1
拡大します
「スタートでまず順位を上げ、さらに他車のアクシデントなどで上位に上がれたのは幸運なことだった。
でもリスタートの後は前車に抑えられるなど難しいレースを強いられた。
最後はトヨタのクルマに接触してレースを終えることになってしまったけれど、それまではいい戦いができていたのでリタイヤはほんとうに残念に思っている」

一方チームメイトのニコ・ロズベルグのほうは、「レースはスタートがうまくいき、3番手まで上がることができた。
その後もチームの良い戦略と競争力のあるマシンで上位をキープできていたにも関わらず、最後はギヤボックスにトラブルが起きて完走することができなかった。
いい走りができていただけに、もちろんこの結果はとても悔しいよ」と、語った。

|

« ブリヂストン ブラジルGP決勝レースの模様 | トップページ | 英ブラウン首相もバトンのタイトル獲得に祝意 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46524915

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「リタイヤは残念」:

» [F1] これなら見るよ [きわめて一般的な日常]
昨日行われた2009年F1シリーズ第16戦のブラジルGP‥‥これは久々に見てよかった! と思わせてくれるレースでした。 ジェンソン・バトンの優勝が決まったから? いいえ、それはまったくどうでもいいことです。 思えば、佐藤琢磨選手がシートを失ってもう二年近くになります... [続きを読む]

受信: 2009/10/19 10:30

« ブリヂストン ブラジルGP決勝レースの模様 | トップページ | 英ブラウン首相もバトンのタイトル獲得に祝意 »