« ペナルティ続出でスターティンググリッド確定せず | トップページ | 日本GP:スタート時車両重量一覧 »

2009/10/04

中嶋一貴(ウィリアムズ)、「この予選結果は残念」

中嶋 一貴 (C)Williams F1
拡大します
ウェットだったフリー走行初日は好走をみせながらも、2日目にはその再現がならなかったウィリアムズ・チームの中嶋一貴は次のように振り返った。

「ウェットでは良かったけれど、ドライコンディションになった今日はマシンがまったくグリップしてくれなかったんだ。
それでも母国グランプリということでたくさんの観客が声援してくれるのはほんとうに励みになった。
明日の決勝レースでは、みんなのためにもいい結果が残せるように頑張りたい」

またサム・マイケル/テクニカル・ディレクターは、「これだけクラッシュが相次いだということは、鈴鹿がとても難しいサーキットだということ。
一貴はわずかな差でQ2へ進めなかったし、ロズベルグのほうも同様にQ3へ進むことができなかった。
しかしこれで二人とも明日の燃料搭載は自由になったのでいい戦略を考えたい」と、語った。

|

« ペナルティ続出でスターティンググリッド確定せず | トップページ | 日本GP:スタート時車両重量一覧 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46388017

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「この予選結果は残念」:

« ペナルティ続出でスターティンググリッド確定せず | トップページ | 日本GP:スタート時車両重量一覧 »