« マッサ(フェラーリ)、100キロのテストを完了 | トップページ | 2010年カナダGP開催が確定か »

2009/10/14

ドニントンパーク、エクレストン氏との間で泥仕合

Donington Park Image (C)Donington Park
拡大します
2010年のイギリスGP開催を巡るドニントンパーク・サーキットとバーニー・エクレストン氏との間の『抗争』は、どうやら修復できないところにまで追いやられたようだ。

ドニントンパークのサーキット責任者であるサイモン・ジレット氏はこのほど、最終的な資金調達計画の提出に2週間の猶予を与えられたと発表したが、これを聞いたエクレストン氏は直ちに「計画発表が猶予された訳ではなく、契約違反に対する法的手続きの処理に2週間の猶予が認められただけ」と、正反対の状況であることを主張した。

こじれたドニントンパークでのイギリスGP開催がキャンセルされた場合、再びシルバーストーン・サーキットに戻るというのが一般的な見方だが、エクレストン氏の姿勢は強硬でこちらの『再契約』もすんなり行きそうにはないようだ。

|

« マッサ(フェラーリ)、100キロのテストを完了 | トップページ | 2010年カナダGP開催が確定か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46480643

この記事へのトラックバック一覧です: ドニントンパーク、エクレストン氏との間で泥仕合:

» F1(5174) 来季はシルバーストン? [戀は糸しい糸しいと言う心]
         バーニー・エクレストン、ドニントンパークが来季のイギリスGP開 [続きを読む]

受信: 2009/10/14 06:13

« マッサ(フェラーリ)、100キロのテストを完了 | トップページ | 2010年カナダGP開催が確定か »