« 日本GPフリー走行1回目、中嶋一貴2番手タイム | トップページ | 日本育ちのスーティル、フリー2回目トップタイム »

2009/10/02

トヨタ 小林可夢偉起用のリリース

第15戦 日本GP
T.グロックに代わり、小林可夢偉がプラクティス初日を走行

パナソニック・トヨタ・レーシングは、鈴鹿サーキットでの日本GP初日のプラクティスで、体調が万全でないティモ・グロックに代わり、サードドライバーの小林可夢偉を走らせることを決定した。

風邪と熱に苦しんでいるグロックは、日本GPの予選と決勝までに体調を回復するために、フリー走行初日は休息をとるよう、チームドクターからアドバイスがあった。

23才の小林は今年、GP2アジアシリーズの王座を、日本人として初めて獲得、また、参戦2年目となるGP2シリーズも終了したばかり。
2008年の初めからパナソニック・トヨタ・レーシングのサードドライバーを務めている。

小林 可夢偉 (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
小林可夢偉:
「今日は、ティモの具合が悪くて、とても残念だ。
しかし、チームが私を信頼して、日本GPのフリー走行に参加させてくれたことはうれしく思う。
これまで、TF109の走行経験を重ねてきているが、たとえフリー走行だけであっても、鈴鹿での運転を楽しみにしている。
レースに向けてチームとしての準備に貢献できるよう、ベストを尽くしたい。
もちろん、ティモの早い回復を願っている」

小林可夢偉の経歴
1996年 SL たからづか大会カデットクラス3位
1997年 SL 全国大会 カデットクラス優勝
1998年 JAF カップ西地域 カデットクラス優勝
1999年 SL 全日本大会(SストックDクラス)優勝
2000年 全日本ジュニアカート選手権
鈴鹿カート選手権 シリーズチャンピオン
2001年 全日本カート選手権ICA シリーズチャンピオン
アジアパシフィック選手権ICA 2位
フォーミュラ・トヨタレーシングスクール受講
スカラシップ生に選出される
2002年 ヨーロッパカート選手権シリーズ参戦
フォーミュラトヨタ参戦
2003年 フォーミュラトヨタシリーズ参戦 シリーズ2位
2004年 フォーミュラルノーイタリア選手権に参戦 シリーズ4位(2勝)
2005年 フォーミュラルノーイタリア選手権 シリーズチャンピオン(6勝)
フォーミュラルノーユーロ選手権 シリーズチャンピオン(5勝)
2006年 F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ8位(ルーキーオブザイヤー)
2007年 F3ユーロシリーズ参戦 シリーズ4位(1勝)
2008年 GP2アジアシリーズ参戦 シリーズ6位(2勝:日本人初優勝)
GP2シリーズ参戦 シリーズ16位(1勝:日本人初優勝)
パナソニック・トヨタ・レーシング サードドライバー
2009年 GP2アジアシリーズ参戦 シリーズチャンピオン(2勝)
GP2シリーズ参戦  シリーズ16位 (3位 表彰台1回)
パナソニック・トヨタ・レーシング サードドライバー

|

« 日本GPフリー走行1回目、中嶋一貴2番手タイム | トップページ | 日本育ちのスーティル、フリー2回目トップタイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46369838

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ 小林可夢偉起用のリリース:

« 日本GPフリー走行1回目、中嶋一貴2番手タイム | トップページ | 日本育ちのスーティル、フリー2回目トップタイム »