« フェラーリ、来季アロンソの加入を正式に認める | トップページ | マクラーレンはまだもう一人のドライバー発表せず »

2009/10/01

来季、カナダGP復活ならトルコGPが消滅か

Image (C)Brawn GP F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は去る9月21日(月)、2010年の暫定F1カレンダーを発表しているが、どうやらすんなりこのまま開催という訳にはいかないようだ。

問題視されているのは第7戦のトルコGP(5月30日)で、前戦・第6戦のモナコGP(5月23日)とは連続開催というハードスケジュールになっている。
しかし両者の距離は大きく、モナコGP終了後、陸路で翌週のためにイスタンブールまで移動というのは不可能なことから事実上空路移動を余儀なくされることになる。

FIAはまだ契約が完了していないカナダGP(6月13日)について、不開催であればトルコGPを6月6日に移動としているが、逆に開催であればトルコGPは消滅するのではないか、と関係者の間で観測が広がっているもの。

13万人を収容できるトルコGPでは今年決勝当日のチケットがわずか3割程度に留まっていて、空席が目立つ広大な観客席のテレビ写りを気にしたバーニー・エクレストン氏が大きなカバーを被せる非常手段に出て関係者から失笑を買っていた。

|

« フェラーリ、来季アロンソの加入を正式に認める | トップページ | マクラーレンはまだもう一人のドライバー発表せず »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来季、カナダGP復活ならトルコGPが消滅か:

» F1(5107) 2010年、トルコGP中止か? [戀は糸しい糸しいと言う心]
        2010年5月30日に予定されているトルコGP開催が疑問視されて [続きを読む]

受信: 2009/10/01 06:13

« フェラーリ、来季アロンソの加入を正式に認める | トップページ | マクラーレンはまだもう一人のドライバー発表せず »