« トヨタ 日本GP決勝レースの模様 | トップページ | 日本GP観客数、前回を大幅に下回る »

2009/10/05

ブリヂストン 日本GP決勝レースの模様

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
2009 FIA Formula One World Championship 第15戦 日本GP
2009年F1世界選手権日本GP 決勝
開催場所:鈴鹿サーキット 開催日:10月2日~10月4日

鈴鹿の日本GP決勝は、ハード・ハード・ソフトのタイヤ戦略で圧倒的なパフォーマンスを見せたセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)が、今季3度目の優勝を飾った。

ベッテルは同じタイヤ戦略を使った2位のパナソニック・トヨタ・レーシングのヤルノ・トゥルーリを4秒以上引き離してのフィニッシュ。
一方、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンはソフト・ハード・ソフトのタイヤ戦略で3位入賞を果たした。

荒川詔四 (株)ブリヂストン 代表取締役社長
「見事優勝を飾ったセバスチャン・ベッテル選手に心からお祝い申し上げます。
3年振りに鈴鹿で開催された日本GP決勝は、晴天にも恵まれ、多くのお客様が世界最高峰の戦いであるF1を楽しまれたことと思います。
当社もこの素晴らしいレースを足元からしっかり支えることができたことを誇りに思っております。
今シーズン、残り2戦になりましたが、ブリヂストンは引き続き、公式タイヤサプライヤーとして全チーム・全ドライバーを全力でサポートして参ります」

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「スリリングな優勝でドライバーズ・チャンピオンシップの可能性を残したセバスチャン・ベッテル選手とレッドブル・レーシングにお祝いを申し上げます。
また、トヨタの2週連続の表彰台フィニッシュを達成したヤルノ・トゥルーリ選手、マクラーレンに3位表彰台をもたらした昨年度チャンピオンのルイス・ハミルトン選手にもお祝いを申し上げます。
今日は、大勢のブリヂストンのゲストの皆様を迎え、素晴らしいレースを楽しんでいただくことができました」

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長
「ソフト・タイヤもスタートから高い性能を発揮し、さらにレース中盤から本格的に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
路面温度が低ければ、ウォームアップに時間がかかるため、ハード・コンパウンドの選択は難しいのですが、今日は路面温度が高かったのでスタートでもハード・コンパウンドを用いることができました。
ソフトの性能落ちを懸念した選手は、ハードでスタートする保守的な戦略を採りましたが、スタートでソフトを選択した選手も良いパフォーマンスを発揮することができました。」

|

« トヨタ 日本GP決勝レースの模様 | トップページ | 日本GP観客数、前回を大幅に下回る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46398428

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン 日本GP決勝レースの模様:

« トヨタ 日本GP決勝レースの模様 | トップページ | 日本GP観客数、前回を大幅に下回る »