« トヨタ 日本GPフリー走行の模様 | トップページ | 日本GP2日目、鈴鹿の雨上がる »

2009/10/03

ブリヂストン 日本GPフリー走行の模様

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
2009年F 1 世界選手権 日本G P フリー走行

テクニカルでチャレンジングな鈴鹿サーキットへ戻ったF1 日本GP 初日は、ブリヂストンのインターミディエイト・タイヤでボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのヘイッキ・コヴァライネンが最速ラップタイムを記録した。

午前中のプラクティス・セッションでは、乾き始めたウェットコンディションのコースで、コヴァライネンが最速ラップタイムを記録した。
午後は終始雨となり、タイムが計測されたのはセッションの最後の30分間のみ。
使われたのはブリヂストンのウェット・タイヤだけで、エイドリアン・スーティル(フォース・インディアF1 チーム)がトップタイムを記録した。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MC タイヤ開発本部長

今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日は、最新スペックのインターミディエイト・タイヤがここでは非常に良い性能を発揮することが分かりました。
路面が乾き始めたコンディションでも、このタイヤは約20周程度は充分に高い耐久性を発揮することが確認できました。
第2セッションは雨が降り続け、最初の1時間は走行が行われませんでした。
今日はドライタイヤのデータを収集できませんでしたので、非常に興味深い週末になると思います」

今回のタイヤ・アロケーションはこの週末にどのような影響を与えると思いますか?
「明日、天気が良くなり、ドライタイヤが使われるようになれば、ウェットとインターミディエイト・タイヤが使われた午前のセッションのデータは役に立ちません。
雨ならば、ウェットコンディションの予選でグリッド順位が決まりますので、非常に興味深い1日になります。
しかし、ドライならば限られた走行時間内にハードとソフト・タイヤのパフォーマンスを学ばなければならないことになりますので、これもまた非常に興味深い1日になります。
従って、予選のみならず、日曜日の決勝レースもチームにとっては大きなチャレンジになるでしょう」

|

« トヨタ 日本GPフリー走行の模様 | トップページ | 日本GP2日目、鈴鹿の雨上がる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46378003

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン 日本GPフリー走行の模様:

« トヨタ 日本GPフリー走行の模様 | トップページ | 日本GP2日目、鈴鹿の雨上がる »