« ブリアトーレ氏、「復権」に向け来月法廷へ | トップページ | ウィリアムズ、エンジン選択肢はコスワースのみ? »

2009/10/21

タイトル逸したベッテル(レッドブル)、「2位なんて敗北者」

今シーズン、あと1戦を残してジェンソン・バトンにタイトル獲得を許したレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル(22歳:ドイツ)は、「2位なんて敗北者だ」と気の強いところをみせた。

Sebastian Vettel(L) (C)Redbull Racing
拡大します
「僕たちは結局のところ戦いに勝たなかったんだ。
だからもう2番手か3番手か、なんてことは気にしない。
だって2位なんていうのは、最初の敗北者ということに過ぎないんだからね」と、ベッテル。

同選手によれば、ブラウンGPとは逆に、シーズン前半で取りこぼしが多かったのが敗因になったと独『アウトモーター・ウント・スポルト』誌に語っている。
「僕たちは残念ながら一貫していなかった。
トラブルもあったし、ミスもしたしね。
でも今シーズン多くのことを学んだから、来季はきっともっといい戦いができると確信しているよ」

ブラウンGPの二人を加えたポイント争いはまだ最終戦まで続いている。

|

« ブリアトーレ氏、「復権」に向け来月法廷へ | トップページ | ウィリアムズ、エンジン選択肢はコスワースのみ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46541437

この記事へのトラックバック一覧です: タイトル逸したベッテル(レッドブル)、「2位なんて敗北者」:

« ブリアトーレ氏、「復権」に向け来月法廷へ | トップページ | ウィリアムズ、エンジン選択肢はコスワースのみ? »