« 揺れるライコネン、来季はどこに? | トップページ | トゥルーリ、トヨタ・チーム残留に自信 »

2009/10/06

来季「14参戦枠」を巡り、チーム間で意見割れる

Frank Williams (C)Williams F1
拡大します
2010年シーズンのF1参戦枠について、FIA(国際自動車連盟)はすでに承認されたカンポス、マノー、USF1、そしてロータスら新規参戦の4チームに加え、いったんは撤退となったBMWザウバーもリザーブで登録するなど最大で14ものチームが参戦する可能性を示しているが、これについて現在のチーム間で賛否が割れている。

その中で反対意見をリードするウィリアムズ・チームのフランク・ウィリアムズ代表は、「われわれは最大でも13ということで同意していて、14になるというのは聞いていない。
FIAは特例を設けたい考えのようだが、そもそも新しいザウバー・チーム(仮称)がどんな人間が運営するのかわれわれはまったく把握していない。
それを仲間として容認しろというのは無理がある」と、牽制している。

リザーブとなった同チームは、代表者にペーター・ザウバー氏を、またエンジンはフェラーリのものを使うとされているが、マレーシア資本というだけで実際の運営者についてはまだよくわかっていない。

またもし14チーム以上もの参戦ということになれば実に1992年以来ということになるが、この時も実際に決勝レースに出走できたのは13チームまでとされていた。

|

« 揺れるライコネン、来季はどこに? | トップページ | トゥルーリ、トヨタ・チーム残留に自信 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来季「14参戦枠」を巡り、チーム間で意見割れる:

« 揺れるライコネン、来季はどこに? | トップページ | トゥルーリ、トヨタ・チーム残留に自信 »