« ルノーへの『恩情処分』にシンガポールでも不満の声 | トップページ | ルノー・チームの『陰謀』、知っていたのは4人だけ »

2009/09/23

ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」

Sam Michael (C)Williams F1
拡大します
現在コンストラクターズ・ランキングで6位、本家のトヨタ・チームと熾烈な争いを繰り広げているウィリアムズ・チームで、サム・マイケル/テクニカル・ディレクターがそのエンジン問題とドライバーについて言及した。

「来季のエンジンについては、複数のメーカーと交渉中であるのは事実。
少しでも早く発表したいと考えてはいるんだけどね、これにはいろいろ先方の事情も絡むから……。
一貴がトヨタとの関係が深いのは事実だが、これについては何とも言えない。
彼自身は確実に進歩しているのだが、しかしそれがポイントに結びついていない。
これについては彼自身が一番フラストレーションを感じていることだろう。
ただ今年のF1は非常に接近していて、予選でロズベルグとのタイム差がコンマ3以上あったら厳しいことになるのは間違いないんだ」

そのウィリアムズは、FOTAの方針に反して来季独自開発の「KERS」(Kinetic Energy Recovery System:運動エネルギー回収システム)を搭載する方針を明らかにしている。

|

« ルノーへの『恩情処分』にシンガポールでも不満の声 | トップページ | ルノー・チームの『陰謀』、知っていたのは4人だけ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46286577

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」:

» 中嶋一貴、できればF1残留したい・・・ [Sky7F1 1982]
中嶋一貴は、2010年のF1残留を目指しています。 [続きを読む]

受信: 2009/09/23 10:21

» 小林可夢偉、GP2シリーズ年間16位で終了 F1昇格は・・・ [Sky7F1 1982]
トヨタの小林可夢偉は、2年目の参戦となったGP2シリーズを年間16位で終えました。 [続きを読む]

受信: 2009/09/23 16:46

« ルノーへの『恩情処分』にシンガポールでも不満の声 | トップページ | ルノー・チームの『陰謀』、知っていたのは4人だけ »