« ルノー代表に噂のプロスト氏、交渉を否定 | トップページ | ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」 »

2009/09/23

ルノーへの『恩情処分』にシンガポールでも不満の声

Singapore Nightrace Image (C)Redbull Racing
拡大します
あわやF1からの永久追放か、ともみられたルノー・チームに対する処分は、結局2年間の執行猶予付きということで実質無罪放免(調査費用の約160万ドル:約1億5千万円のみ)の形。

こうした結果に事件の舞台となった地元シンガポールの『ストレーツ・タイムス』紙は、「これはF1というスポーツに対する明確な冒涜。
しかしF1を統括すべきFIA(国際自動車連盟)は最大の責任逃れをした」と、非難。
調査、処分ともに不十分であるとの論陣を張った。

実際、2007年に発覚したマクラーレン・チームの『スパイ疑惑事件』では、チームに対する全コンストラクターズ・ポイントの剥奪に加え、課せられた罰金はなんと1億ドル(当時110億円)という巨額のものだった。

|

« ルノー代表に噂のプロスト氏、交渉を否定 | トップページ | ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46286157

この記事へのトラックバック一覧です: ルノーへの『恩情処分』にシンガポールでも不満の声:

» F1(5091) ルノーにとって最悪のタイミング? [戀は糸しい糸しいと言う心]
             ルノーのF1での今後には “?” が付いたまま!    [続きを読む]

受信: 2009/09/23 07:57

» やっぱ甘〜い?裁定 [赤ガエルのボンヤリ日記]
ルノーへの処分は「2年間の執行猶予処分付きのチャンピオンシップ参加資格剥奪」となったそうで、ブリアトーレとシモンズのクビを切って、実質何のお咎めもなしという決着という形になったそうな。... [続きを読む]

受信: 2009/09/23 08:47

» FIAのルノーに対する裁定は"比類なきほど寛大" [:: 246 log ::]
ルノーF1のクラッシュゲート事件に対するFIAのある意味"甘い"裁定に各方面から... [続きを読む]

受信: 2009/09/23 14:06

« ルノー代表に噂のプロスト氏、交渉を否定 | トップページ | ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」 »