« ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」 | トップページ | フェラーリ社長、「マッサのチームメイトは未定」 »

2009/09/24

ルノー・チームの『陰謀』、知っていたのは4人だけ

Image (C)Renault F1 UK
拡大します
2008年シンガポールGPでのクラッシュ・ゲート事件について、ルノー・チームと2人の首脳に対し処分を下したFIA(国際自動車連盟)は、当時事情を知っていたのはチーム内の4人だけであったことを明かした。

今回の事件ではまずクラッシュの当事者であるピケ(免責)。
フラビオ・ブリアトーレ前代表(永久追放)。
パット・シモンズ前エクゼクティブ・エンジニアリング・ディレクター(5年間の資格停止)。
そしてさらにもう一人チーム内に事情を知っていた人物がいたことになるが、その正体を知っているのはマックス・モズレーFIA会長の他は数人の法律関係者だけであるとされる。

また今回の事件の解明はこの人物によるところが大きいということだが、この人物自身は計画の実行には関与していないということで処分等はされていない。

|

« ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」 | トップページ | フェラーリ社長、「マッサのチームメイトは未定」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/46296828

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・チームの『陰謀』、知っていたのは4人だけ:

» F1(5092)“ 証人 X!” [戀は糸しい糸しいと言う心]
        ルノーの幹部らが内部調査において全貌を知るのに苦労していたところ [続きを読む]

受信: 2009/09/24 06:10

» ルノーのクラッシュゲート本当の首謀者 [:: 246 log ::]
2008年シンガポールGPのクラッシュゲートについては、この事件に関わった人々の... [続きを読む]

受信: 2009/09/24 10:25

« ウィリアムズ首脳、「一貴はフラストレーション感じてる」 | トップページ | フェラーリ社長、「マッサのチームメイトは未定」 »