« 2010年の日本GP開催はエクレストン氏次第 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「チームオーダーは早過ぎる」 »

2009/07/10

FIAとFOTA、依然として対立姿勢解けず

Williams Factory (C)Williams F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)と2010年に参戦予定の13チームが、レギュレーション合意のため会合の場を持ったものの、意見が決裂してFOTAに所属する8チームが席を立ったと伝えられている。

とりわけカンポス、マノー、そしてUSF1ら新規参戦の3チームにとって、テクニカル・レギュレーションの早期確定はマシンを開発する上で不可欠のこものだが、依然として不安定なままの状況に、当該チームの関係者からは悲鳴が聞かれそうだ。

|

« 2010年の日本GP開催はエクレストン氏次第 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「チームオーダーは早過ぎる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/45587520

この記事へのトラックバック一覧です: FIAとFOTA、依然として対立姿勢解けず:

» [F1]FIA,FOTAの会議退席についてのリリースを発表 [試行錯誤のすぱいらる]
[F1]FIAとFOTAの闘争再びを書いたとおり、会議を途中退席したFOTA8チームに対して、FIAはプレスリリースを発表しました。長いけど、全文掲載します。 事実関係の明確化 FOTAが昨日の技術作業部会の会議を退席する前、FIA会長は、2010年FIAフォーミュラ・ワン・ワールドチャピオンシップ規約の変更は、公表済みの規約の下... [続きを読む]

受信: 2009/07/10 11:35

» 平穏は訪れるのか? [F1 2009]
6/24一度はパリの会議で分裂は回避されたのか? と思われたがスグに モズレーへの独裁者発言が問題で FIA vs FO [続きを読む]

受信: 2009/07/10 15:55

« 2010年の日本GP開催はエクレストン氏次第 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「チームオーダーは早過ぎる」 »