« フェラーリ、イタリアGP時にアロンソの加入発表か | トップページ | FIA会長候補にロン・デニス氏の名前浮上 »

2009/07/01

現行F1チーム、コスワース・エンジンの優遇を警戒

Williams Cosworth FW28 (C)Williams F1
拡大します
来シーズンのF1には新たに3つの新規参戦チームが登場することになったが、これらはいずれもコスワース・エンジンを搭載。
そのコスワース・エンジンには特別な優遇策が与えられることになっている。

これは、準備期間やリソース(有無形の資源)の不足等を考慮し、現行エンジンに課せられている18,000rpmという回転数の制限を、コスワースだけには設けないという優遇を与えるもの。
2006年のウィリアムズ&トロ・ロッソへの供給以来のF1となるコスワースは、当面その当時のエンジンをベースとして供給するものとみられるが、この時は最高が20,000rpmまでとされていた。

この優遇策についてブラウンGPのニック・フライ/CEOらは、同エンジン搭載チームのアドバンテージが大きすぎるのでは、と今から警戒している。

|

« フェラーリ、イタリアGP時にアロンソの加入発表か | トップページ | FIA会長候補にロン・デニス氏の名前浮上 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/45502735

この記事へのトラックバック一覧です: 現行F1チーム、コスワース・エンジンの優遇を警戒:

« フェラーリ、イタリアGP時にアロンソの加入発表か | トップページ | FIA会長候補にロン・デニス氏の名前浮上 »