« ウェバー(レッドブル)優勝! 132戦目の歓喜 | トップページ | ブリヂストン ドイツGP決勝レースの模様 »

2009/07/13

中嶋一貴(ウィリアムズ)、「1周目の事故がすべて」

中嶋 一貴 (C)Williams F1
拡大します
13番手からスタートしながら、オープニングラップで実質最後尾まで順位を落としたウィリアムズ・チームの中嶋一貴(24歳)は、「1周目の事故がすべてだった」とレースを振り返った。

「今日の僕のレースはオープニングラップですべてが決まってしまったね。
いきなりトゥルーリ(トヨタ)に追突されてほとんどコースアウトしそうになって、順位を最後尾まで落としてしまったんだ。
僕らの戦術はいいものだったし、レース中のペースも良かったけれど、結局これらは何の意味も持たなかったよ」

事実、中嶋のレース中のファステストラップは全体の5番手に位置する素晴らしいものだったが、ピットアウト後にはトラフィックに邪魔されるなど、終始フラストレーションの溜まる不完全燃焼のレースとなった。

一方、中嶋より後方の15位からスタートしたチームメイトのニコ・ロズベルグはチームの戦術も功を奏してみごと4位でフィニッシュ。
チームに貴重な5ポイントをもたらせた。

|

« ウェバー(レッドブル)優勝! 132戦目の歓喜 | トップページ | ブリヂストン ドイツGP決勝レースの模様 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/45619842

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「1周目の事故がすべて」:

» ウィリアムズ:中嶋一貴、1周目でレースが決まってしまった! [Sky7F1 1982]
ドイツGPでウィリアムズトヨタは、ロズベルグから15番手から4位を獲得しました。中嶋一貴は、12位に終わりました。 [続きを読む]

受信: 2009/07/13 16:43

« ウェバー(レッドブル)優勝! 132戦目の歓喜 | トップページ | ブリヂストン ドイツGP決勝レースの模様 »