« FOTAの要求にいまなおFIAは無視 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、今シーズン中の勝利確信 »

2009/06/01

フランスGP開催地に再びマニクールが浮上

2006 FranceGP (C)Renault F1 UK
拡大します
フランソワ・フィヨン首相自らが復活に積極的な姿勢をみせているフランスGPだが、その開催地に再びマニクール・サーキットの名前が浮上している模様だ。

というのも、早ければ2010年にも復活させたいとする同首相の意向に、新設サーキットはもちろんのこと市街地コースにしても時間的に準備は難しく、対応できるのは結局長い実績のあるマニクールになるというもの。
同首相は、「われわれがベストな開催地を求めているのは事実だが、さりとて2012年などという先送りの事態に関心はない」と、語っている。

ただフランスGP消滅には、マニクールがF1関係者から不評を囲ったのが一因であるのも明白で、今後の展開によってはバーニー・エクレストン氏が所有するポールリカール・サーキットなどが浮上する可能性もありそうだ。

|

« FOTAの要求にいまなおFIAは無視 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、今シーズン中の勝利確信 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/45198773

この記事へのトラックバック一覧です: フランスGP開催地に再びマニクールが浮上:

« FOTAの要求にいまなおFIAは無視 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、今シーズン中の勝利確信 »