« ロズベルグも中嶋一貴も「マシン進化に満足」 | トップページ | 本命バトン(ブラウンGP)、「ハンドリングに不満」 »

2009/05/09

アロンソ(ルノー)、劣勢挽回に意欲みせる

今シーズン、ここまで開幕戦オーストラリアGPの5位が最高と満足のいかない戦績が続いている元世界チャンピオンのフェルナンド・アロンソ(27歳:スペイン)だが、金曜日に行われたスペインGPフリー走行では3番手タイムを記録、挽回に意欲をみせている。
Fernando Alonso (C)Renault F1 UK
拡大します
「今日は今回初めて投入されたアップグレードの部分の評価からスタートした。
午前のセッションではまだ路面のグリップがなくて思うように走れなかったものの、午後になるととても良くなってラップタイムも改善できた。
今日の結果には満足しているけれど、でもまだこれは金曜日だから、明日の公式予選にならないとほんとうのパフォーマンスは評価できないだろう。
すべてがわかるのは明日になってからだね」

昨年のスペインGP公式予選では、アロンソはフロントロウ2番グリッドを獲得している。

|

« ロズベルグも中嶋一貴も「マシン進化に満足」 | トップページ | 本命バトン(ブラウンGP)、「ハンドリングに不満」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44948515

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(ルノー)、劣勢挽回に意欲みせる:

» 第5戦スペインGP予選はどうなった。 [☆ひとの行くうらに道あり 花のやま☆]
ヨーロッパラウンド突入。金曜日のトップタイムはウィリアムズ。予選前のフリー走行3回目はフェラーリが復 [続きを読む]

受信: 2009/05/09 23:41

« ロズベルグも中嶋一貴も「マシン進化に満足」 | トップページ | 本命バトン(ブラウンGP)、「ハンドリングに不満」 »