« ノルベルト・ハウグ代表(メルセデス)、給料30%カット | トップページ | 2010年の予選Q3は『ほんとうのタイム争い』に »

2009/05/05

エクレストン氏、現実的な対応で結着模策

FIA(国際自動車連盟)が示した2010年シーズンからの改革案はその過激な変更内容からフェラーリなどチーム側の強い反発を招いているが、こうした状況に対しFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は次のように語っている。
B.Ecclestone & F.Briatore (C)Renault F1 UK
拡大します
「モズレーは、考え方はいいがちょっとやり方が上手でない部分があるからね。
例えばチーム年間予算の上限について、一部チームから強い反対意見が出されているが、彼らだって制限の必要性は理解しているんだ。
今のままではF1が崩壊してしまうのだから。
だから金額が多少変更することはあるにせよ、やがて収束していくだろう。
ましてやフェラーリがF1から撤退だなんて、そんなことがある筈がないさ」と、エクレストン氏。

モズレー会長は当初示していた年間3千万ポンド(約44億4千万円)としていたものを4千万ポンド(59億2千万円)まで増額したこともあり、これをさらに譲歩する姿勢は今のところみせていないが、百戦錬磨のエクレストン氏は早くもより現実的な着地点を考えているようだ。

|

« ノルベルト・ハウグ代表(メルセデス)、給料30%カット | トップページ | 2010年の予選Q3は『ほんとうのタイム争い』に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44902644

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、現実的な対応で結着模策:

» 2010年シーズンに向けて!? [Station-wagon<ステーションワゴン>]
2010年シーズンに向けて!? 〜来シーズンからのレギュレーション変更を目指してさらなる改革案?来シーズンからレース中の給油が禁止される、これに伴い予選中の燃料調整をしつつアタックをしている現在の予選とは違い、速く走るために軽い燃料でのアタックが可能にな...... [続きを読む]

受信: 2009/05/05 22:22

» F1参考資料 [F1]
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにもF1について書かれた記事沢... [続きを読む]

受信: 2009/05/06 08:47

« ノルベルト・ハウグ代表(メルセデス)、給料30%カット | トップページ | 2010年の予選Q3は『ほんとうのタイム争い』に »