« メルセデス、それでもF1撤退の可能性否定せず | トップページ | FIA、来シーズンからF1マシン最低重量見直しも »

2009/05/01

FOM、2010年新規参戦チームに補助金支給援助

FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、2010年から新規参戦するチームに対し、大きな経済的援助を行うことを明らかにした。
F1 機材 (C)McLaren Group
拡大します
別掲のように2010年にはF1参戦枠を最大13チーム26台にすることが明らかにされているが、この中の新規参戦チームに対し、1千万ドル(約9億6千万円)の資金援助、さらに2台分のシャシーとこれに伴う100トンまでの機材の運搬費用をFOMが援助するというもの。

これを受けるためには、新規チームはあらかじめF1に参戦するだけの能力や設備等があることを証明しなければならないとしているものの、これまで行ってきた新規参戦チームに対するさまざまな『仕打ち』から比べれば、天と地ほどの違いがありそうだ。

2006年に新規参戦を果たした『スーパー・アグリ・F1』などは、当時の内規『12チーム以内』であったにもかかわらず、逆にFIAに対して総額4,800万ドル(当時約56億円)もの保証金の預託が要求された上に、マシンや機材を運ぶ専用機による運搬ももちろん許されなかったというイジメに遭った歴史がある。

|

« メルセデス、それでもF1撤退の可能性否定せず | トップページ | FIA、来シーズンからF1マシン最低重量見直しも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44852921

この記事へのトラックバック一覧です: FOM、2010年新規参戦チームに補助金支給援助:

» [F1]2010年F1規約が発表 [試行錯誤のすぱいらる]
WMSC(世界モータースポーツ評議会)での決定事項が発表されました。 2010年FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ 2010年FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ参戦の申請は、2009年5月22~29日の期間FIAに提出されるものとする。チームは、コスト制限規約の下で参戦したいかどうかを申請書に記載... [続きを読む]

受信: 2009/05/01 09:46

» FIA、2010年からコストキャップを導入 [Sky7F1 1982]
FIAは、来期のF1で4000万ポンド(59億円)のコストキャップを導入することなどを発表しました。 [続きを読む]

受信: 2009/05/01 18:02

» FOM新規チームに補助金 [F1 2009]
どうやら2010年から新規参入チームに対してFOMから補助金がでるとのことで その額 1千万ドル(約9億6千万円)の資金 [続きを読む]

受信: 2009/05/01 21:12

» FOMも色々と対策を練ってきています。 [F1遅報]
 2010年のF1は、13チーム26台のエントリーを目指して、色々と新規参戦チームに補助金などの施しを行う方針を出しましたね。今までにはない1千万ドル(約9億6千万円)の資金援... [続きを読む]

受信: 2009/05/01 21:53

» 2010年、新たなるレギュレーション!? [Station-wagon<ステーションワゴン>]
2010年、新たなるレギュレーション!? 〜FIAは、2010年のシーズンからバジェット・キャップ制を導入するとしている。これに伴い、1シーズンあたりの開発費の上限が決められる。これまで、F1を闘ってきたチームについては過度の資金投入を抑制すると言う点...... [続きを読む]

受信: 2009/05/02 00:49

« メルセデス、それでもF1撤退の可能性否定せず | トップページ | FIA、来シーズンからF1マシン最低重量見直しも »