« エクレストン氏、現実的な対応で結着模策 | トップページ | ブラウンGP、スペインGPでやっと進化 »

2009/05/05

2010年の予選Q3は『ほんとうのタイム争い』に

FIA(国際自動車連盟)は先に示したF1レギュレーションの改革案で、2010年シーズンはレース中の燃料給油を禁止することを明らかにしたが、同時に公式予選中の燃料補給も禁止されることになる。
Qualifying Image (C)Williams F1
拡大します
これに伴い、現在は禁止されていた予選Q3進出車の決勝レース前の燃料補給がパルクフェルメでできることが確認された。
これは、Q3においてこれまでのようなレース戦略を踏まえた燃料搭載の必要がなくなることを意味するもので、少ない燃料搭載での予選アタックが実現することになる。

これまではこの規則のせいで最終予選Q3のポールポジションタイムのほうがQ2のものより下回るケースが常態化していたが、来シーズンはこの不自然な形がやっと修正されることになりそうだ。

|

« エクレストン氏、現実的な対応で結着模策 | トップページ | ブラウンGP、スペインGPでやっと進化 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44902685

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年の予選Q3は『ほんとうのタイム争い』に:

» 給油禁止で予選がより重要になる [F1 2009]
2010年からの決勝中の給油禁止により 今シーズンまでは予選最終セッションは決勝を考えた燃料搭載量で戦っていたが これが [続きを読む]

受信: 2009/05/05 17:15

» F1推進室から・・・ [F1]
やっぱり奥が深いよなF1知りたいことが沢山ありますね。2010年の予選Q3は『... [続きを読む]

受信: 2009/05/05 23:20

« エクレストン氏、現実的な対応で結着模策 | トップページ | ブラウンGP、スペインGPでやっと進化 »