« シューマッハ、「ブラウンは灰の中から蘇った不死鳥」 | トップページ | バトンは引き締めも、ベッテル「ブラウンGPは驚異」 »

2009/04/01

グロック(トヨタ)、「オーバーテイクむしろ困難に」

2009年のF1は大幅にマシンのレギュレーションが変更されたが、これは「よりオーバーテイクを容易にする」との触書でFIA(国際自動車連盟)のテクニカル部門が自信を持って導入したもの。

ところが開幕戦オーストラリアGPを終え、トヨタ・チームのティモ・グロックは「オーバーテイクはむしろ難しくなった」との見解を明らかにした。
Timo Glock (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
「前車に続いて走った時、これまでよりエアロダイナミックスが安定するようになると聞いたけど、たとうばアロンソのルノーの後ろに付いた時なんか、ダウンフォースが全然なくなってものすごく不安定な状態になったんだ。
それに比べるとフェラーリの2台に付いた時にはそれほどではなかったけれど、僕らが追いつくと彼らはそこで「KERS」(運動エネルギー回収システム)のボタンを押すから、とてもじゃないけどオーバーテイクなんか無理さ」

今年は上記KERSについては搭載車と未搭載車とが混走している状態。
中でもBMWザウバーなどはチーム内で搭載車(ハイドフェルド)と未搭載車(クビサ)になっていて、今回のレースでは明暗を分けた感になっている。

|

« シューマッハ、「ブラウンは灰の中から蘇った不死鳥」 | トップページ | バトンは引き締めも、ベッテル「ブラウンGPは驚異」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44529045

この記事へのトラックバック一覧です: グロック(トヨタ)、「オーバーテイクむしろ困難に」:

» F1 [今日のゴシップ拾い読み]
ルイス・ハミルトンQ&Aハミルトン: 僕のF1キャリアの中で、最も予想できない結果が得られたレースだった。もちろんベストなドライビングができたレースでもあったけど。僕はファイターだから、これまでのモータースポーツキャリアではサーキット内外問わずギブアップしたこ..... [続きを読む]

受信: 2009/04/01 06:22

» トヨタF1 オーストラリアGPのペナルティを受け入れ [ザッキ]
パナソニック・トヨタ・レーシングがオーストラリアGPでのヤルノ・トゥルーリに対す [続きを読む]

受信: 2009/04/01 21:17

» オーバーテイクは困難に [F1 2009]
空力の見直しやスリックタイヤの復活 そしてKERSの導入により オーバーテイクを多くしようとしたFIAの目論見は、開幕戦 [続きを読む]

受信: 2009/04/01 23:29

« シューマッハ、「ブラウンは灰の中から蘇った不死鳥」 | トップページ | バトンは引き締めも、ベッテル「ブラウンGPは驚異」 »