« バトン、「ブラウンGPのマシンは合法」主張 | トップページ | ロズベルグ(ウィリアムズ)、「戦略再考が必要」 »

2009/04/15

不振のフェラーリ、スタッフの配置転換敢行

開幕2戦を終え、まだいずれのドライバーもノーポイントと例のない不振を続けるフェラーリ・チームが、シーズン真っ只中のいま、突然のスタッフ配置転換を敢行することがわかった。
Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
とりわけその象徴となったのはテクニカル・マネージャーであるルカ・バルディセッリ氏がレースの現場から離れ、工場の開発部門に異動となったこと。
『F60』の戦闘力を短期間で回復させるため、新たな開発チームを立ち上げたとされるが、その主要な任務はブラウンGPらのマシンに後れを取ったとされるディフューザーの緊急な開発にあるようだ。

こちらのチームはテクニカル・ディレクターであるアルド・コスタ氏が率いる一方で、バルディセッリ氏のポジションはチーフ・トラック・エンジニアであるクリス・ダイヤー氏が引き継ぐとみられる。

|

« バトン、「ブラウンGPのマシンは合法」主張 | トップページ | ロズベルグ(ウィリアムズ)、「戦略再考が必要」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不振のフェラーリ、スタッフの配置転換敢行:

» 調子が悪くなるとどこでもやっていることですが、果たして成果は? [F1遅報]
 ここ2戦でここ数年にない不振に、フェラーリチームの体制を大きく刷新した様子です。ただ、一時的なもので、急にチームが浮上するのかどうかは、ちょっと気がかりです。ここ最近... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 18:09

« バトン、「ブラウンGPのマシンは合法」主張 | トップページ | ロズベルグ(ウィリアムズ)、「戦略再考が必要」 »