« バリチェッロ(ブラウンGP)、痛恨の降格ペナルティ | トップページ | トゥルーリ、「FIAにも正義」と、称賛 »

2009/04/04

ハミルトン再び速度違反ペナルティ、「流れ悪い」

開幕戦オーストラリアGPではギヤボックスの交換でグリッド最後尾に追いやられ、さらに健闘した決勝レースでは結局失格処分を受けてしまったマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンだが、昨日始まったマレーシアGPでも悪い流れが立ちきれないでいるようだ。
Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
午前のフリー走行セッションでピットレーン速度違反に問われたハミルトンは、午後のフリー走行2回目セッションでも同様に速度違反。
マクラーレンのようなトップチームのマシンでこうした違反を繰り返すことはあまりなく、周囲ではさしものチャンピオンも動揺しているのではないか、と憂慮しているようだ。

なお、いつもであればこうした処分に対し、マクラーレンの場合リチャード・ライアン/スポーティング・ディレクターがスチュワードに出向いてサインをするのが通例だが、今グランプリでは上記失格処分の影響で停職処分とされたため、代わりに代理のスタッフがサインしたということだ。

|

« バリチェッロ(ブラウンGP)、痛恨の降格ペナルティ | トップページ | トゥルーリ、「FIAにも正義」と、称賛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44559029

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン再び速度違反ペナルティ、「流れ悪い」:

» 確かにハミルトンは嘘をついたワケじゃないけど・・・ [:: 246 log ::]
先日、地元イギリスのメディアから"ウソつき"との不名誉な肩書きを与えられてしまっ... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 13:21

« バリチェッロ(ブラウンGP)、痛恨の降格ペナルティ | トップページ | トゥルーリ、「FIAにも正義」と、称賛 »