« J.スチュワート氏、マクラーレン問題混迷を憂慮 | トップページ | GPDA、ついにF1ドライバー全員参加か »

2009/04/11

N.ラウダ氏は『シューマッハ擁護派』に

これまで名声を欲しいままにしてきた7回のF1チャンピオン、ミハエル・シューマッハだが、マレーシアGPでのタイヤ作戦ミスの当事者として槍玉に挙げられ、すっかり非難の矢面に立たされている。

こうした状況の中、こちら3回のF1チャンピオンであるニキ・ラウダ氏が『シューマッハ擁護派』筆頭に名乗りを上げている。
M.Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「もしもほんとうにシューマッハがそんな指示を出したのだとしたら、彼のあのギャントリーでのポジションはおかしいだろう。
私がフェラーリの一員だったなら、彼をあんな中途半端な所に置かないで、ちゃんと椅子に座らせるさ。
そんなこともしないで非難だけ浴びせるのは正しいことじゃない。
シューマッハなら、ほんとうにチームのために働けるのに、ね」

シューマッハは元々中国・バーレーンの両GPに行く予定はなかったが、今はそれすらも責任追及の表れと報道される有り様になっている。

|

« J.スチュワート氏、マクラーレン問題混迷を憂慮 | トップページ | GPDA、ついにF1ドライバー全員参加か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44633266

この記事へのトラックバック一覧です: N.ラウダ氏は『シューマッハ擁護派』に:

« J.スチュワート氏、マクラーレン問題混迷を憂慮 | トップページ | GPDA、ついにF1ドライバー全員参加か »