« 不調フェラーリ、緊急会議開催もシュー追求はなし | トップページ | マクラーレン選手権除外なら、ハミルトン引退も? »

2009/04/09

フェラーリ『KERS』、水にも弱かった

「KERS」(運動エネルギー回収システム)をシーズン当初から導入しているフェラーリ・チームだが、そのトラブルの種はなかなか尽きないようだ。
Malaysia GP Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
マレーシアGPフリー走行1回目では、キミ・ライコネンのマシンが突然コクピット内から白煙を上げ、自動的に消火装置が働いたとみられている。
トラブルの詳細は明らかにされていないが、高電圧が掛かるKERSゆえに、その安全性に不安を感じさせた。

さらに豪雨で中断となった決勝レースでは、全車がコース上で待機する中、ライコネンのマシンはクルーに押されてピットへと戻り、結局そのまま戦列に復帰することはなかった。
これについてもチームでは、原因を「KERS装置の不具合」と説明している。

結果的にレースはそのまま打ち切りとなったためにライコネンは14位で完走の扱いとなったものの、再び信頼性の欠如を暗示させるものになった。

|

« 不調フェラーリ、緊急会議開催もシュー追求はなし | トップページ | マクラーレン選手権除外なら、ハミルトン引退も? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44614076

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ『KERS』、水にも弱かった:

« 不調フェラーリ、緊急会議開催もシュー追求はなし | トップページ | マクラーレン選手権除外なら、ハミルトン引退も? »