« トヨタ バーレーンGP公式予選の模様 | トップページ | 小林可夢偉、GP2アジア・シリーズでチャンピオンに »

2009/04/26

ブリヂストン バーレーンGP公式予選の模様

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
2009 FIA Formula One World Championship 第4戦 バーレーンGP [予選]
開催場所: バーレーン 開催日: 4月24日 ~ 4月26日
2009年F1世界選手権 バーレーンGP 予選

ブリヂストンのスーパーソフト・タイヤでパナソニック・トヨタ・レーシングのヤルノ・トゥルーリがポールポジションを獲得、明日のバーレーンGP決勝は初めてトヨタの2台がフロントローに並ぶ。

1分33秒431を記録したトゥルーリと、2位で予選通過したチームメイトのティモ・グロックとのタイム差は約0.3秒。3位はセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)だった。
今日は金曜日と比べるとラバーが乗って路面コンディションは向上し、気温はさらに上昇した。
午前中のプラクティス・セッションではスーパーソフト・タイヤを装着したグロックが1分32秒605の最速ラップタイムを記録した。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長とのQ&A

今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日はトヨタにとって2台がフロントローを獲得する素晴らしい日になりました。
トヨタと4回目のポールポジションを達成したヤルノ・トゥルーリにお祝いを申し上げます。
金曜日の走行と比較すると、グリップレベルが上がり、ラップタイムが向上しました。
特にプラクティス・セッションは、砂も清掃され、ラバーが乗ったためコンディションは良かったようです。
予選はどのセッションも非常にタイム差が接近し、エキサイティングでした。
第1予選セッションでもタイム差が接近していた為、上位陣の速いクルマもタイムの出るソフト側のスーパーソフト・タイヤを装着していました」

ここバーレーンでの2種類のコンパウンドのパフォーマンスについて教えて下さい。
「タイヤのパフォーマンスという意味では興味深い週末です。
今週末はスーパーソフト・タイヤがとても良いパフォーマンスを見せており、ミディアム・タイヤよりも平均0.7秒速い好調なラップタイムを記録しています。
性能の落ちという点では、スーパーソフトはおもしろいチャレンジになるでしょう。
スーパーソフトで長いスティントを走るチームもあるかもしれませんが、性能の落ちをコントロールするための対策も必要です。
スーパーソフトをいかに用いるかというのが、今回のレースのキーポイントになると思います。
今週のような気温が高いコンディションでも、ミディアムはスーパーソフトよりもワームアップに時間がかかります。
レースではミディアム・タイヤが高い耐久性を発揮すると思いますが、スーパーソフトよりもラップタイムは遅くなるでしょう」

|

« トヨタ バーレーンGP公式予選の模様 | トップページ | 小林可夢偉、GP2アジア・シリーズでチャンピオンに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44796244

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン バーレーンGP公式予選の模様:

« トヨタ バーレーンGP公式予選の模様 | トップページ | 小林可夢偉、GP2アジア・シリーズでチャンピオンに »