« エクレストン氏、「来シーズンは絶対新システム導入」 | トップページ | 2009年F1エントリーリスト最終版(3/23) »

2009/03/24

マクラーレンの不調はほんとう? ポーズ?

昨シーズン、ルイス・ハミルトンを擁して世界タイトルを獲得したマクラーレン・チームが、オフテストで一向に調子が上がらないことについて、関係者の間で意見が分かれている。
McLaren Mercedes MP4-24 (C)McLaren Group
拡大します
バーニー・エクレストン氏は、「マクラーレンが不調を託っているのは、他チームを欺くためのポーズかも知れないよ。
彼らには別に事前に速いことを示す必要なんかないのだ。
マシンのほんとうのスピードがわかるのはあくまでもテストではなく本番のグランプリなんだからね。
だから私は、メルボルンでは意外と『MP4-24』がスピードを示すのではないかと疑っているんだ」と語っている。

一方、かつてのF1ドライバーで、現在は評論家となっているマーク・スレール氏は、「マクラーレンがスピードをみせていないのは、まさにスピードがないからに他ならないよ。
別に彼らが他チームやメディアに速さをアピールする必要はないが、しかし持てるスピードを出さない理由もない。
彼らは明らかにマシンに問題を抱えているのだろう。それも、おそらくはエアロダイナミックス面でね。
事前のテストで全然走らないマシンが、もしも開幕戦でいきなり勝つようなことがあったら私は驚くよ」

果たしてマクラーレン『MP4-24』の鈍足ぶりはほんとうに姿なのか、注目が集まる。

|

« エクレストン氏、「来シーズンは絶対新システム導入」 | トップページ | 2009年F1エントリーリスト最終版(3/23) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44450080

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンの不調はほんとう? ポーズ?:

« エクレストン氏、「来シーズンは絶対新システム導入」 | トップページ | 2009年F1エントリーリスト最終版(3/23) »