« アロンソ(ルノー)は「今週1週間が最後の勝負!」 | トップページ | ミハエル・シューマッハとフェラーリとの契約、難航? »

2009/03/14

コバライネン(マクラーレン)、減量より筋力アップ?

今シーズン、F1では新たに導入された「KERS」(運動エネルギー回収システム)により各チームともにマシンの重量増が問題となっている。

F1マシンは現在レギュレーションで『ドライバーを含め600キロ以上』と定められているが、現実のマシン重量は500キロ少々とみられ、残りはバラストを積んで調整しているとされている。
しかしKERSによる重量増は重量バランスを改善するエンジニアの裁量の余地をこれまでより少なくするため、ドライバーにはチームから減量を言い渡されていて、アロンソを始め実際にウェイトを絞ったドライバーが多いと伝えられている。
Heikki Kovalainen (C)McLaren Group
拡大します
そうした中、マクラーレン・チームのヘイキ・コバライネン(28歳:フィンランド)は「昨年より4.5キロの体重増になった」と、堂々のデブ宣言を行っているもの。
そのコバライネンは、「現在の体重は65キロ。
オフの間、新しい理学療法士と筋力トレーニングをやった結果、この数字になった。
でも体調は以前よりもいいし、無理に減量なんかするよりもこのほうがベストコンディションだよ」と、地元フィンランドの『ヘルシンギン・サノマット』紙で語っている。

ちなみに、上記アロンソの場合、それでも現在の体重は67キロであると伝えられている。

|

« アロンソ(ルノー)は「今週1週間が最後の勝負!」 | トップページ | ミハエル・シューマッハとフェラーリとの契約、難航? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44340400

この記事へのトラックバック一覧です: コバライネン(マクラーレン)、減量より筋力アップ?:

« アロンソ(ルノー)は「今週1週間が最後の勝負!」 | トップページ | ミハエル・シューマッハとフェラーリとの契約、難航? »