« マッサ(フェラーリ)、「最大の敵はブラウンGP」 | トップページ | 現行ポイント・システム継続に落胆の声も »

2009/03/24

FIA、スーパーライセンス発給料金引き下げ容認

FIA(国際自動車連盟)のF1委員会は、ドライバーらから反発を受けていたF1スーパーライセンス発給料金について、2010年シーズンこれを引き下げることを容認したということだ。
Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
金額の詳細については明らかにされていないが、FIAはマックス・モズレー会長がF1ドライバーの集まりであるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の代表と話し合いの場を持った結果、2010年はこれを引き下げることで同意したという。

FIAは別途、F1チームの運営費について大幅なコスト削減を要求していて、スーパーライセンス発給料金の高騰がこれと矛盾していたことも事実だった。

スーパーライセンスの料金は例えばライコネンの場合、2007年に約480万円だったものが2008年は一挙に3,000万円以上に、また2009年さらに値上げされたものとみられている。

|

« マッサ(フェラーリ)、「最大の敵はブラウンGP」 | トップページ | 現行ポイント・システム継続に落胆の声も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44451102

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、スーパーライセンス発給料金引き下げ容認:

» [F1]FIA、スーパーライセンス発給料値下げへ [試行錯誤のすぱいらる]
FIAはドライバーから総すかんを喰らっていた、スーパーライセンス発給料について2010年シーズンから値下げを行うことを発表しました。 金額の詳細については明らかにされていないが、FIAはマックス・モズレー会長がF1ドライバーの集まりであるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の代表と話し合いの場を持っ... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 10:22

» FIA、スーパーライセンス料を2010年は値下げ [Yothのエボ日記×JUGEM(勝手に(笑))]
【F1】ドライバーから反発を受けていたスーパーライセンス料。FIAは2010年は値下げをすることになりました。FIA会長のマックス・モズレー(変態属性)とドライバーの協会GPDAがスーパーライセンス料について会合を行い、合意したとのことです。先日予算の削減案を発表したFIA。そのくせスーパーライセンス料はその前にちゃっかし値上げしてたけど予算削減って言っちゃったもんだからこっちも下げるしかないわな。そのへんはちゃんと分かるんだね。予算案は超KYだったけど。実際どのくらい値下げされるんだろ?去年のライ... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 23:33

« マッサ(フェラーリ)、「最大の敵はブラウンGP」 | トップページ | 現行ポイント・システム継続に落胆の声も »