« イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ | トップページ | ウィリアムズ、『FW31』の新カラーリング発表 »

2009/02/27

USF1ドライバーにマルコ・アンドレッティの名も

24日(火)、アメリカのスポーツ・チャンネル『スピードTV』を通じて最初の記者発表を行ったオール・アメリカンF1チーム『USF1』だが、このプロジェクトの中心人物であるピーター・ウィンザー氏は、チームはすでにFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏の了解を得ていると主張している。
Marco Andretti/Honda『RA106』(C)Honda Racing
拡大します
また同チームのドライバーについてすでに名前が挙げられたダニカ・パトリックの他に、今度はマルコ・アンドレッティ(21歳:アメリカ)の名前が浮上、こちらも大きな注目を集めているようだ。

これについて、1978年のF1チャンピオン(ロータス)でマルコの祖父にあたるマリオ・アンドレッティ氏は、「今でもF1レーシングをこよなく愛している私としては、ぜひともマルコにF1で走って欲しいと願っているよ。
だからマルコが『USF1』に加わってくれればうれしいとは思うが、しかし彼にはまだ経験が必要だろうね」と、語っている。
(マルコにはホンダF1でのテスト経験もある)

なお同氏の子息で、マルコの父親でもあるマイケル氏もかつてマクラーレンで走ったF1ドライバーだ。

|

« イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ | トップページ | ウィリアムズ、『FW31』の新カラーリング発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44189522

この記事へのトラックバック一覧です: USF1ドライバーにマルコ・アンドレッティの名も:

» どうなんだかなぁ… [まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~]
FMotorsportsさんより ホンダ・チーム問題、『バイアウト』で結着? 売却問題が具体的にどのように結着するのかは明らかにされていないが、周囲の状況から現在のチーム首脳が自らチームを購入する『バイアウト』になるのではとの見方が強いようだ。 (ニック・フライ/CEO残留については疑問符も) 事実であれば、エンジンについてはすでにメルセデス・エンジンが搭載されているのは確実。 またドライバーについてはホンダとの有効な契約を有するジェンソン・バトンの残留は確実だが、もう一人についてはブ... [続きを読む]

受信: 2009/02/27 14:23

« イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ | トップページ | ウィリアムズ、『FW31』の新カラーリング発表 »