« シューマッハ、ホンダF1買収は断るもサッカーは支援(!?) | トップページ | イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ »

2009/02/27

ライコネン、ライセンス発給料金問題でも同調せず

FIA(国際自動車連盟)が2009年シーズンに向け示したさらなるF1スーパーライセンス発給料金の値上げについてはF1ドライバーの集まりであるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)がすでに抗議の声明を発表しているが、これに加入していないフェラーリ・チームのキミ・ライコネン(29歳:フィンランド)はこの問題でも同調する気はないようだ。
Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「費用を受け入れるかどうかは個々のドライバーの問題だと思う。
僕は別に高すぎるとは考えていないし、この問題で誰かと口論するつもりもないよ」とクールに語るライコネンは、どうやらすでに支払いを済ませたとされる3人のうちの一人であるようだ。

2008年、FIAが発給料金システムを一新させたことにより、前年のチャンピオンであるライコネンの場合、2007年に約480万円だったものが一挙に3,000万円以上に高騰したとされるが、今回はさらにこれが増額となっている。
また前年の獲得ポイントにより算定されるこのシステムでは2008年王者であるルイス・ハミルトンも高騰するとみられるが、ハミルトンもまたGPDAに加入していないドライバーの一人だ。

|

« シューマッハ、ホンダF1買収は断るもサッカーは支援(!?) | トップページ | イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44188601

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン、ライセンス発給料金問題でも同調せず:

« シューマッハ、ホンダF1買収は断るもサッカーは支援(!?) | トップページ | イタリア『ローマGP』、実現に向け前進へ »