« 「可能性ある限りF1を目指す」と、佐藤琢磨 | トップページ | エクレストン氏、なおもホンダF1売却を楽観 »

2009/02/07

トヨタらのディフューザー、「今のところOK」とFIA会長

トヨタの新型車『TF109』とウィリアムズの新型車『FW31』について、いずれもディフューザー(排気管の拡散装置)がレギュレーションに反しているのでは、との指摘について、FIA(国際自動車連盟)のマックス・モズレー会長は「現在のところ問題ないと考えている」との見解を英誌に対し示した。
Williams Toyota FW31 (C)Williams F1
拡大します
「私が聞いた限りでは、FIAの技術部門はこの件について違反とは考えていないようだ。
したがってこのまま行くなら特にこれが開幕戦で問題となることはないだろう。

ただし、他のチームから抗議が出されれば、もう一度レギュレーションとの兼ね合いについて検討がなされるだろうから、その先はわからない。
いずれにしても、トヨタとウィリアムズはいい所を突いてきたと言えるのではないか」

排気管の処理についてはフェラーリの『F60』についても疑義が出されたが、こちらはすでに改良が施されたと伝えられている。

|

« 「可能性ある限りF1を目指す」と、佐藤琢磨 | トップページ | エクレストン氏、なおもホンダF1売却を楽観 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43980412

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタらのディフューザー、「今のところOK」とFIA会長:

» トヨタとウィリアムズのディフューザーは合法 [Station-wagon<ステーションワゴン>]
いまのところ トヨタとウィリアムズのディフューザーは合法 見解が分かれるところだがFIAは早い段階で結論を出すことによって開幕前の混乱を避けた形となった。他のチームがこの方式に追従するかは疑問だが、一つのレギュレーションに対する解釈がある程度明確にな...... [続きを読む]

受信: 2009/02/07 23:22

« 「可能性ある限りF1を目指す」と、佐藤琢磨 | トップページ | エクレストン氏、なおもホンダF1売却を楽観 »