« 「今やF1は史上最大の危機」と、モズレー会長が檄 | トップページ | トルコGP、2011年開催が最後? 地元紙報じる »

2009/02/09

GPDA、スーパーライセンス料金に対し声明文

FIA(国際自動車連盟)のマックス・モズレー会長は、昨年に引き続きF1参戦に必要なスーパーライセンス発給料金のさらなる値上げを通知しているが、これに対しF1ドライバーの集まりであるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)が下記のように反論する声明文を発表した。
2008 F1 Drivers (C)Redbull Racing
拡大します
それによればスーパーライセンス発給料金は「2007年の時点ですでにすべてのスポーツ競技を通じ最も高額となっていた」こと。
また「何ら予告なしに基本料金が200%、ポイント課金が350%と、異常な値上げがされている」こと。
これらによりFIAはドライバーから年間約170万ユーロ(約2億230万円)もの巨額を得ることになるという。

他のモータースポーツで最も高額なのは米NASCARになるが、こちらの料金はわずか4千ドル(約36万8千円)なのに対し、F1での最高額はなんと27万ドル(約2,484万円)にも達するということだ。

|

« 「今やF1は史上最大の危機」と、モズレー会長が檄 | トップページ | トルコGP、2011年開催が最後? 地元紙報じる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/44004346

この記事へのトラックバック一覧です: GPDA、スーパーライセンス料金に対し声明文:

« 「今やF1は史上最大の危機」と、モズレー会長が檄 | トップページ | トルコGP、2011年開催が最後? 地元紙報じる »