« 新型車テストのマッサ、感触に手応え | トップページ | 『VMKレーシング』、ホンダF1買収に名乗り? »

2009/01/14

明暗分かれた? ライコネンとハイドフェルド

12日にFIA(国際自動車連盟)から発表された2009年のF1エントリーリストで明暗を分けた(?)形となったのがフェラーリのキミ・ライコネンとBMWザウバーのニック・ハイドフェルド二人だった。
Nick Heidfeld (C)BMW Sauber F1 Team
拡大します
2008年シーズン、ライコネンは僚友のマッサに22ポイント差をつけられランキング3位。(マッサは2位)
しかし発表された2009年のリストではライコネンが引き続きカーナンバー3を確保、エーストしての立場を守った形。

一方BMWザウバーのハイドフェルドのほうは、昨季僚友クビサに15ポイント差をつけられランキング6位。
(クビサは4位)
チームは両者のカーナンバーを入れ替え、クビサに5番、ハイドフェルドには6番を与え、結果的にエースを入れ替える形とした。
2000年にF1デビューを果たし、今年で10年目を迎えるベテランのハイドフェルドにとって、F1経験がまだ実質2年余りしかないクビサに後れを取るのはおそらく不本意なことだろう。

なおFIAはすでにF1撤退を表明したホンダ・チームの枠もカーナンバー18・19として確保。
新チームが成立した場合、2009年のグリッドにすんなり着けるよう配慮を示した。
(これ以上出走台数の減少を容認できないという意味もある?)

|

« 新型車テストのマッサ、感触に手応え | トップページ | 『VMKレーシング』、ホンダF1買収に名乗り? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43736425

この記事へのトラックバック一覧です: 明暗分かれた? ライコネンとハイドフェルド:

» 2009年のドライバーラインナップと公式ページリンク集(公式エントリーリスト発表) [F1memo]
1月12日にFIAから2009年のエントリーリストが発表された。フェラーリでドライバーズランキング2位のマッサが大きい番号をつけるなどしている。2009年のドライバーラインナップと公式ページリンク集※WはWikipediaの記述へのリンク【Vodafone McLaren...... [続きを読む]

受信: 2009/01/14 09:23

» F1チームのエースひきこもごも [:: 246 log ::]
先日発表された2009年F1エントリストですが、フェラーリとBMWでエースドライ... [続きを読む]

受信: 2009/01/14 10:11

« 新型車テストのマッサ、感触に手応え | トップページ | 『VMKレーシング』、ホンダF1買収に名乗り? »