« メルセデスがホンダ・エンジン問題に『救いの手』 | トップページ | 新型車テストのマッサ、感触に手応え »

2009/01/14

ウェバー回復に自信、「怪我を言い訳にしない」

昨年11月、自身が主唱するチャリティ・イベントでの交通事故により右足を骨折する大怪我を負ったレッドブル・レーシングのマーク・ウェバー(32歳:オーストラリア)だが、本人は「回復は順調、怪我を言い訳にはしない」と、現場復帰に強い意気込みを英『BBC』で語っている。
Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
「怪我をしてからもう7週間が経ったけど、シーズン前テストへの参加に向けてすべては順調に進んでいるよ。
プールでのスイミングを中心としたリハビリもうまくいっているし、もうまもなく自分の足で歩ける筈さ。
そしてできれば2009年マシンのテストには新しいチームメイトであるベッテルと共に最初から参加したいと思っているんだ。
僕は怪我をしてしまったことを不幸だとは思っていないし、もちろんそれをメルボルン(開幕戦オーストラリアGP)で一切言い訳になんかしないつもりだよ」

同チームの2009年新型車発表は2月9日(月)、スペインのヘレス・サーキットが予定されているが、ここで現実にウェバーの復帰がなるかどうかはまだ前途多難とみられる。

|

« メルセデスがホンダ・エンジン問題に『救いの手』 | トップページ | 新型車テストのマッサ、感触に手応え »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43735951

この記事へのトラックバック一覧です: ウェバー回復に自信、「怪我を言い訳にしない」:

» マーク・ウェバー順調に回復。「1月中に松葉杖を取りたい」 [F1memo]
マーク・ウェバーはレッドブルの新車RB5のデビューに間に合わせようとしている。オーストラリア人の彼は11月にマウンテンバイクでの事故により足を骨折していたが、現在ハードにリハビリに努めているという。ドイツのAuto Motor und Sport誌に対して「2月には戻りたい。....... [続きを読む]

受信: 2009/01/14 07:36

« メルセデスがホンダ・エンジン問題に『救いの手』 | トップページ | 新型車テストのマッサ、感触に手応え »