« 『最優秀』シンガポールGP、さらにコース改修へ | トップページ | ライコネン、母国フィンランドでラリーに挑戦 »

2009/01/08

レッドブル・チーム代表、「われわれの時代が来る」

大胆なF1コスト削減に向け大幅にレギュレーションが変化する2009年シーズンを前に、レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は「ついにわれわれの時代が来る」と、こうした変革を歓迎する姿勢を明らかにした。
Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
「ホンダ・チームの撤退に象徴されるように、このF1もコスト削減を真剣に考えなければならない時代が来たんだ。
われわれは巨大なマニュファクチャラーズ・チームにおいても、また小規模なプライベート・チームにおいても、すべてが同じ目標に向かって努力をしなければ、このスポーツ自体が消滅する羽目にもなりかねないことを知ったんだ。
しかしF1で経費が大きくカットされ、すべてのチームが統一化されたエンジンを使うようになれば、われわれプライベートにも大きなチャンスが生まれてくる筈。
レッドブルのクルマの製作はいま遅れているが、これは新しいレギュレーションに合致させるため慎重な開発を続けているためだ。
遅くとも2月になればテストが始められるだろうが、われわれは成功に大いなる自信を持っているよ」

|

« 『最優秀』シンガポールGP、さらにコース改修へ | トップページ | ライコネン、母国フィンランドでラリーに挑戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43676019

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・チーム代表、「われわれの時代が来る」:

» ハッキネン「ベッテルはチャンピオンの資質を持っている」 [F1memo]
2タイムスワールドチャンピオンとしておなじみのミカ・ハッキネンのセバスチャン・ベッテル評。「ベッテルは素質があるよ。とても速いし老獪なテクニックも持っている。おそらくここ数年のうちにタイトルを獲るよ。」とlaola1.atに対して語っている。ベッテルの才能について....... [続きを読む]

受信: 2009/01/08 11:31

» 猫も杓子もF1 [F1]
やっぱり奥が深いよなF1知りたいことが沢山ありますね。レッドブル・チーム代表、... [続きを読む]

受信: 2009/01/08 17:28

« 『最優秀』シンガポールGP、さらにコース改修へ | トップページ | ライコネン、母国フィンランドでラリーに挑戦 »