« 2009年のマクラーレンはコバライネンの双肩に? | トップページ | マクラーレン『MP4-24』初シェイクダウン果たす »

2009/01/17

英国政府、ホンダ・チーム売却難航に懸念

イギリスの英『デイリー・メール』紙が報じるところによれば、難航しているホンダ・チームの売却話について英国政府の貿易産業省が大きな懸念を示し始めているということだ。
Honda Factory (C)Honda Racing
拡大します
同紙の取材に対し、英国下院の有力議員であるティム・ボズウェル氏は、「ホンダ・チーム側と買収者との間の利害関係の衝突により売却話が難航していることは憂慮すべきこと。
ホンダ・チームのファクトリー内部では、打開の余地が見えない現状に怒りとフラストレーションが沸き起こっている。
このため政府は現況の打開に向け、チームの責任者であるニック・フライ/CEOに対し仲介に本腰を入れるよう強く要請した」と、説明している。

当初は昨年のクリスマス明けにも妥結とみられた交渉だが、同紙によれば最終期限は1月31日に迫っているとされている。

|

« 2009年のマクラーレンはコバライネンの双肩に? | トップページ | マクラーレン『MP4-24』初シェイクダウン果たす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43764389

この記事へのトラックバック一覧です: 英国政府、ホンダ・チーム売却難航に懸念:

» ホンダF1の売却取引について英国政府が調査へ [F1memo]
ホンダF1の売却取引について英国政府が調査に乗り出すと新聞が伝えている。Daily Mail紙によると、貿易産業省が注目しているのは、ニック・フライが、買収希望者との窓口をしていながら自らも買い手として名乗りを上げていることについてだという。同紙は、「ファクトリー....... [続きを読む]

受信: 2009/01/17 12:50

» ニック・フライ、ホンダF1買収での利害関係の衝突を否定 [F1memo]
ニック・フライはホンダF1チームの買い手としての立場とマネジメントバイアウト(MBO)を考える立場とは利害関係が衝突しているとの報道を否定した。英国紙は英国政府が、チームスタッフ間のフライがチームの将来にとって最適は投資家ではないという懸念に対して介入するよ...... [続きを読む]

受信: 2009/01/18 04:58

» バトンの将来やいかに・・・ホンダF1売却交渉が通産省の調査対象に(翻訳記事) [(=゚ω゚)ノ quzyのフォー速]
イギリス通産省は、ホンダF1の身売り交渉におけるニック・フライの役割について調査を開始するように依頼をうけたことを認めた。これはジェンソン・バトンのF1における未来と大きく関わっている。 スポーツメイルが伝えるとことによると、ホンダF1の本拠地ブラックリーを..... [続きを読む]

受信: 2009/01/18 11:58

« 2009年のマクラーレンはコバライネンの双肩に? | トップページ | マクラーレン『MP4-24』初シェイクダウン果たす »