« 『VMKレーシング』、ホンダF1買収に名乗り? | トップページ | 1999年事故のシューマッハ、「死ぬんだと思った」 »

2009/01/15

トロ・ロッソ首脳、「新F1規則は弱小チームに負担」

小規模なプライベート・チームでありながら、昨年のイタリアGPでみごと初優勝を遂げるなど目覚ましい躍進を演じた『スクーデリア・トロ・ロッソ』だが、今シーズンその再現は極めて困難と早くも白旗状態だ。
Franz Tost (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
これは同チームのフランツ・トスト代表が英誌に語ったもので、その中でこのオーストリア人は「今年の大きく変更されたレギュレーションに合致させるためには、実に多くの作業と資金、そして大規模なリソースが必要になる。
大きなチームであればすぐにそれらを達成することが可能だろう。
しかしわれわれのような小さなチームにとってこれは重い負担になるもので、従って新型車の完成には多くの時間が必要になる。
いまの見通しでは、われわれが去年達成したものを今シーズン再現することなど到底覚束ないよ」と、嘆いている。

同チームの新型車発表のスケジュールはいまだ明らかでなく、またその残されたたった一つのシート(佐藤琢磨も候補)も明らかにされるのは開幕直前になるとの見通しが強まっている。

|

« 『VMKレーシング』、ホンダF1買収に名乗り? | トップページ | 1999年事故のシューマッハ、「死ぬんだと思った」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43745244

この記事へのトラックバック一覧です: トロ・ロッソ首脳、「新F1規則は弱小チームに負担」:

» トロ・ロッソ「新ルールは小さなチームに厳しい」 [F1memo]
スク−デリア・トロ・ロッソチームの代表、フランツ・トストは、今年の大量なF1ルールの変更は、チームにとって2008年の再現をするにはより難しくなったとの持論を披露している。STRは昨シーズン39ポイントを挙げ、セバスチャン・ベッテルがイタリアGPで初優勝を...... [続きを読む]

受信: 2009/01/15 06:57

» トロ・ロッソの残りのシートはバトンが第一候補、ブルデーが次の選択 [F1memo]
Grandprix.comによると、ブルデーの北米行きの道は閉ざされたに等しいことは既報の通りだが、トロ・ロッソは、旧ホンダ参戦できなかった場合にジェンソン・バトンをセバスチャン・ブエミのチームメイトに迎えるために待ちの状態になっているとしている。ブルデーはセカ...... [続きを読む]

受信: 2009/01/15 07:53

» トロ・ロッソ「セバスチャン・ブルデーか佐藤琢磨か、3週間以内に決める」 [F1memo]
トロ・ロッソの公式サイトによると、セバスチャン・ブエミのチームメイトは3週間以内に発表されるという。現在の有力候補であり交渉しているのは、セバスチャン・ブルデーと佐藤琢磨であると発言している。ジェンソン・バトンについては、他の契約を持っているという理...... [続きを読む]

受信: 2009/01/15 21:26

» ONE FINAL DECISION...  トロロッソのもうひとりのドライバーは3週間以内に決定 [佐藤琢磨 の応援 & News by TNN]
トロロッソのドライバーのもう一人は、琢磨かブルデー か、それは3週間以内に決定す... [続きを読む]

受信: 2009/01/15 22:30

« 『VMKレーシング』、ホンダF1買収に名乗り? | トップページ | 1999年事故のシューマッハ、「死ぬんだと思った」 »