« N.ハイドフェルド、ヘルメット変更で気分転換 | トップページ | アルガルブ合同テストは雨で打ち切りに(1/22) »

2009/01/22

トヨタ アルガルブ・テスト3日目の模様(1/21)

周回をこなしたティモ・グロックが好感触

パナソニック・トヨタ・レーシングは21日、ポルトガルのアルガルベ・モーター・パークで、晴天に恵まれ、F1合同テスト3日目を迎えた。
19日、20日の2日間、テストに影響が及ぶほどの雨に見舞われたが、この日ティモ・グロックは、快晴の下、新型車TF109のテスト走行を実施。
湿気を含んだ路面だったため、ブリヂストン・ポテンザのエクストリームウェットタイヤで走り始めたグロックは、午前中の走行途中でスタンダードウエットに交換し走行。
グロックは、セットアップオプションの比較や、今年のレギュレーション改正により導入された可動式フロントウィングを確認し、情報収集を行った。
しかし、午前11時すぎ、オイルパイプが外れ、スモークを噴いたTF109に修理が必要になり、グロックは午前中の走行を中断。
午後テストに戻ったグロックは、明日22日のテスト最終日もステアリングを握る予定だ。

ティモ・グロック:TF109-01
ベストラップ:1分30.878秒 順位:4位 周回数:64周
「新型車の第一印象は良く、そのことに満足している。ウェット路面だったものの、開始当初は、とても快適に、運転し易く、何の問題もなかった。
その後、オイルパイプのトラブルに少々時間をとられたが、仲間が懸命に修理をしてくれ、最終的には乾いた路面で走行距離を延ばすことができた。
乾いた路面での走行で、TF109を完全にセットアップするまでには至らなかったが、非常に高い好感触を得られた。
明日の天気予報はあまり良くないが、もっと周回を重ねて行きたい」

Pascal Vasselon (C)Toyota Racing
拡大します
パスカル・バセロン:シャシー部門シニア・ゼネラル・マネージャー
「大変ありがたいことに今日は、雨は降らなかったが、午前中はまだ路面が濡れており、気温も低かった。
これまでの2日間、悪天候に強いられた不十分なテスト走行だったため、今日は、セットアップの確認、ブレーキのチェック、可動式フロントウィングの予備テストなどを含め、グロックに密度の濃いテストをしてもらった。
初めの数時間は、順調に進行したが、残念なことに、オイルパイプが外れ、スモークしたため、グロックは車の走行を中止せざるを得なくなってしまった。
修理に多少時間がかかったが、午後には更に走行をこなし、いくつかの興味深いデータを得ることができた」

|

« N.ハイドフェルド、ヘルメット変更で気分転換 | トップページ | アルガルブ合同テストは雨で打ち切りに(1/22) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43818261

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ アルガルブ・テスト3日目の模様(1/21):

» TYOTAにプレッシャー! [Station-wagon<ステーションワゴン>]
TOYOTAにプレッシャー〜「弱いシーズンになれば未来はない」 大企業であるTOYOTAは赤字転落もF1参戦継続を示し、Newマシンを発表しテストを重ねているが、今年の成績が思わしくなければ第2のHONDAになることはまず避けられないであろう。そんなプレッシャーと現場そ...... [続きを読む]

受信: 2009/01/22 18:43

» 震災レイプの真実 [阪神・淡路大震災の真実]
6434人が犠牲になった阪神大震災。ボランティアの女性がレイプされたという話が広がった。この動画が見れるサイトがあるらしい。 [続きを読む]

受信: 2009/01/22 20:41

» TYOTAにプレッシャー! [Station-wagon<ステーションワゴン>]
TOYOTAにプレッシャー〜「弱いシーズンになれば未来はない」 大企業であるTOYOTAは赤字転落もF1参戦継続を示し、Newマシンを発表しテストを重ねているが、今年の成績が思わしくなければ第2のHONDAになることはまず避けられないであろう。そんなプレッシャーと現場そ...... [続きを読む]

受信: 2009/01/22 23:59

« N.ハイドフェルド、ヘルメット変更で気分転換 | トップページ | アルガルブ合同テストは雨で打ち切りに(1/22) »