« 独専門誌、フェラーリ『F60』は違法と指摘 | トップページ | アルガルブ合同テストは連続ブエミが最速(1/21) »

2009/01/21

トヨタ アルガルブ・テスト2日目の模様(1/20)

悪天候の下、トゥルーリが懸命にテスト走行実施

パナソニック・トヨタ・レーシングの新型車、TF109のテスト走行が前日に引き続き20日、ポルトガルのアルガルベ・モーター・パークで行われた。
19日に初のテスト走行を終えた小林可夢偉に代わり、テスト走行2日目にステアリングを握ったのはヤルノ・トゥルーリ。
走行開始直前から激しい雨が降り始め、トゥルーリは、テスト走行でTF109に関する初期データをできるだけ収集する予定だったが、参加した全チームのテストに影響を及ぼすほどの時にあられを伴う悪天候の下、何とか懸命に30周の走行をこなした。
21日は、ティモ・グロックがTF109のテスト走行を行う。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:TF109-01
ベストラップ:1分42.399秒 順位:3位 周回数:30周

「今日はサーキットの状態が良くなかったので、TF109の初走行の感想を述べるのは難しい。
とてもウェットな路面だったため、まったくグリップがきかなかった。
もっと周回を重ねたかったが、かなわず残念だ。
明日、ティモ・グロックが走る時には天候が良くなり、TF109の性能を更につかめることを望む」

パスカル・バセロン:シャシー部門シニア・ゼネラル・マネージャー
「今日は天候がすべてを左右した。
降雨に合わせた走行をしなければならず、私たちが期待したほどのテストを実施できなかった。
しかし、もし今後のプレシーズンテスト期間中に雨が降らないとすれば、本日のウェットコンディションでのデータ収集は収穫だったと言えるだろう。
今日は何のトラブルもなく走行を終えられた。
着実に、TF109への理解が深まっていくことは、興味深い体験で、これまでの進捗に満足している。
明日は、もう少し良い天候のもと、更に走行距離を延ばしたい」

|

« 独専門誌、フェラーリ『F60』は違法と指摘 | トップページ | アルガルブ合同テストは連続ブエミが最速(1/21) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43807694

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ アルガルブ・テスト2日目の模様(1/20):

» トヨタ、KERSを2009年全レースで使用しない可能性 [F1memo]
トヨタは2009年シーズンの全レースでKERSを使わない可能性がある。すでに開幕戦のオーストラリアGPでKERSを使わない事を表明している。TF109はKERS搭載版と非搭載版が存在しクラッシュテストを受けており、今週のテストはKERS搭載版を使用している。しかし山科代表は「...... [続きを読む]

受信: 2009/01/21 20:12

« 独専門誌、フェラーリ『F60』は違法と指摘 | トップページ | アルガルブ合同テストは連続ブエミが最速(1/21) »