« FIA、F1スーパーライセンス値上げでGPDA反発 | トップページ | ウィリアムズ、「F1撤退の危機だった」 »

2009/01/24

エクレストン氏、2011年インドGP開催を確認

かねてその開催が期待されてきたインドGPだが、22日(木)英『BBCスポーツ』のインタビューに答えたバーニー・エクレストン氏は、2011年にはこれが実現するとの見解を示した。
India Image
拡大します
「当初考えていた2010年というスケジュールからは遅れたが、インドGPは2011年には開催されるものと考えているよ。
そのために障害となるものは今やなくなった」と、エクレストン氏。

インドGP開催に向けてはIOA(インドオリンピック委員会)が主催者に指名され、これまで交渉が続けられてきた。
同報道によれば、場所はニューデリー郊外の土地に新設されるサーキット。
用地の買収はまだ終了していないものの、今年4月までにはすべて解決されるとのことだ。

折りからの世界的経済不況の中、問題は開催までに掛かる巨額資金の手当てだが、エクレストン氏がゴーサインを出したからには確実な裏付けの見通しが付いたものと推測される。

|

« FIA、F1スーパーライセンス値上げでGPDA反発 | トップページ | ウィリアムズ、「F1撤退の危機だった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43838492

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、2011年インドGP開催を確認:

« FIA、F1スーパーライセンス値上げでGPDA反発 | トップページ | ウィリアムズ、「F1撤退の危機だった」 »