« アロンソ、「もう一度タイトル獲得するまで引退ない」 | トップページ | ウェバー、チャリティ・イベントは大成功 »

2008/12/01

ウェバー転院、「早くヨーロッパに戻らなくては」

豪州タスマニアのイベントで事故に遭い右足骨折の負傷を負ったレッドブル・レーシングのマーク・ウェバー(32歳:オーストラリア)が、29日(土)、本土メルボルンの病院に転院したことがわかった。
Redbull Renault (C)RedBull Racing
拡大します
移送は医療専門の患者輸送機によって行われ、ウェバーは今後メルボルン北部キューにある専門病院で現場復帰に向けリハビリテーションに励むことになるという。

地元紙の取材に応じたウェバーは、「(来季マシン開発の)大事な時期にこんなことになってチームに迷惑を掛けてしまい、申し訳なく思っている。
今後リハビリに励み、できるだけ早く現場に復帰できるよう頑張る。
できれば2月にはコクピットに戻って新車を試したい」と、復帰に向け強い意志をみせた。

|

« アロンソ、「もう一度タイトル獲得するまで引退ない」 | トップページ | ウェバー、チャリティ・イベントは大成功 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43282975

この記事へのトラックバック一覧です: ウェバー転院、「早くヨーロッパに戻らなくては」:

« アロンソ、「もう一度タイトル獲得するまで引退ない」 | トップページ | ウェバー、チャリティ・イベントは大成功 »