« ウィリアムズ首脳、「まだF1から撤退するチーム続く」 | トップページ | ヘレス合同テスト開始、トロ・ロッソ1-2!(12/09) »

2008/12/09

渦中のリチャーズ氏、「F1には改革が不可欠」

今季限りでのF1撤退を明らかにしたホンダだが、チーム売却の可能性を示したことから、その筆頭候補と目されるプロドライブ社のデビッド・リチャーズ氏に注目が集まっている。
David Richards (C)Prodrive
拡大します
当のリチャーズ氏は、これについてまだ具体的なことについて触れることはなかったが、次のようなコメントを英『デイリー・メール』紙で明らかにしている。

「ホンダという大企業が今回みせたF1サバイバルの過酷さは、フォーミュラワンそのものの存続にまさに変革が必要であるということをみせつけたものだ。
いまこのチームの継続に、私の名前が出ているようだけれども、もし私がそれを引き受けるとしたら、現在のF1チームのビジネスモデルが大きく進展しなくてはならないだろう。
そして、この世界がそうなることを心から希望しているよ」

言うまでもなくリチャーズ氏はかつてB.A.R・ホンダ・チームを率いた名伯楽で佐藤琢磨やジェンソン・バトンらの上司。
本来ならマクラーレンからの技術供与を受けて2008年『12番目のチーム』としてF1新規参画の筈だったが、カスタマーシャシー問題に足をすくわれて実現することはなかった。

|

« ウィリアムズ首脳、「まだF1から撤退するチーム続く」 | トップページ | ヘレス合同テスト開始、トロ・ロッソ1-2!(12/09) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43365038

この記事へのトラックバック一覧です: 渦中のリチャーズ氏、「F1には改革が不可欠」:

» F1は容易に参入できる状況ではない [予定は未定であって決定ではない]
スーパーアグリに次ぐ12番目のチームとして参戦を目論んでいたことや、ホンダの前身であるBARを指揮していただけのことはあり、真っ先にホンダ買収で名前が挙がったリチャーズですが、過去の状況に比べて今は本当に想定外の状況。いくらリチャーズとはいえ、容易に参入は出来ないと言うことでしょう。... [続きを読む]

受信: 2008/12/09 19:31

» ホンダの売却先はプロドライブ?? [徒然なるままに]
ホンダの売却先として、注目されているのがデビッド・リチャーズ率いるプロドライブです。 ホンダの前身、BARを率いていたリチャーズですが、果たしてどうなるのでしょうか? 今のF1は、サバイバルになっていますね。 リチャーズが言うとおり、今のF1には大きな改革が必... [続きを読む]

受信: 2008/12/09 21:50

» ホンダF1早期売却でチーム継続の可能性高まる [:: 246 log ::]
ホンダF1チームは、撤退=消滅では無く、売却されて、チームとして継続される見込み... [続きを読む]

受信: 2008/12/10 10:03

« ウィリアムズ首脳、「まだF1から撤退するチーム続く」 | トップページ | ヘレス合同テスト開始、トロ・ロッソ1-2!(12/09) »