« インドGP開催、やはり2011年以降に延期へ | トップページ | ルーカス・ディ・グラッシが、HondaのF1テストに初参加 »

2008/11/07

フェラーリ総帥、再びポイント・システムに異議

ブラジルGPでの劇的な最終ラップの攻防により2008年のシリーズ・チャンピオンはマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンの頭上に輝いたが、こうした現在のポイント・システムについてフィアット/フェラーリ・グループの総帥ルカ・モンテツェモロ社長が再び異議を唱えている。
Luca di Montezemolo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
現在1位(10点)と2位(8点)との間にはわずか2点の差しかないが、このシステムではレースに優勝するという価値が著しく損なわれているというもの。
F1のポイント・システムは数多くの変遷を経ているが、現行の8位まで入賞以前の6位までの時期(1991-2002)は1位(10点)、2位(6点)で4点もの差があった。
(それ以前は1位9点、2位6点)

今シーズン、マッサの6勝に対しハミルトンは5勝で、モンテツェモロ社長は「より多くの勝利を上げたドライバーのほうがチャンピオンにふさわしいのが当然。
現行のポイントではレースの魅力を著しく阻害する」と、イタリアの『ラ・スタンパ』紙で述べている。

|

« インドGP開催、やはり2011年以降に延期へ | トップページ | ルーカス・ディ・グラッシが、HondaのF1テストに初参加 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/43035644

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ総帥、再びポイント・システムに異議:

« インドGP開催、やはり2011年以降に延期へ | トップページ | ルーカス・ディ・グラッシが、HondaのF1テストに初参加 »