« トヨタ 日本GP公式予選の模様 | トップページ | メルセデス首脳、「違法行為だけが警戒すべきこと」 »

2008/10/12

予選Q1敗退ハイドフェルド、「タイヤ選択間違った」

上位チームの中で、唯一予選Q1で敗退した形のニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)は、「タイヤ選択を間違った」と、その敗因を語っている。
Nick Heidfeld (C)BMW Sauber F1
拡大します
「予選Q1の最後のアタックで、次のQ2にソフトタイヤを温存するためハードタイヤのほうでいくことに決めたんだ。
でも、その結果タイムは伸びずに16番手というポジションに留まって、Q2進出ができないことになり、選択が誤っていたことを思い知らされた。
こんな後方のグリッド(16番手)からでは、レースでいい結果を得るなんてほとんど不可能だろうけれど、でもモーターレーシングというのは何が起こるかわからない、そういうものだからね」

この週末、精彩を欠いたBMWザウバーだが、それでもチームメイトであるクビサのほうは最終ピリオドまで進出、6番グリッドを得ている。

|

« トヨタ 日本GP公式予選の模様 | トップページ | メルセデス首脳、「違法行為だけが警戒すべきこと」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1敗退ハイドフェルド、「タイヤ選択間違った」:

» フジスピードウェイが熱い [☆ひとの行くうらに道あり 花のやま☆]
予選結果は順当な感じですね。ここにきてフェラーリのフェリペ・マッサの5番手は・・・・戦略でしょうかね [続きを読む]

受信: 2008/10/12 08:12

« トヨタ 日本GP公式予選の模様 | トップページ | メルセデス首脳、「違法行為だけが警戒すべきこと」 »